景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 天神川水門が土木学会デザイン賞最優秀賞を受賞しました | HOME | 大河津分水 その3(旧可動堰) >>
大河津分水 その2(旧洗堰)
IMG_3058
 
大河津分水 その1(洗堰)はこちらです
 
大河津分水の2回目の今日は、旧洗堰について。
旧洗堰は1922年(大正11年)に大河津分水が通水した時に竣工したもので、2000年(平成12年)まで現役でした。今はもう、水は流れていません。国の登録有形文化財に指定されています。文化財オンラインによると、「内務省直轄の信濃川改修工事の代表的遺構の一つで,我が国最初の本格的RC造堰」だそうです。
 
Okozu_movable_weir_Aerial_photograph.1975
新旧の比較のために、昔の航空写真を載せます。(この写真はwikipediaからの引用で、オリジナルは国土交通省の写真です)
信濃川は下から上に流れていて、右に分岐する部分に白く波が立っているところが旧洗堰。そこから右上に信濃川の本流が流れていきます。一方、上に流れていくのが大河津分水路です。


つづいてこちらはGoogleMap。ほぼ現在の状況です。
大河津資料館のすぐ南側に縦線が見えるのが、旧洗堰です。


新旧の位置関係はこの図が分かりやすいと思います。国土交通省のホームページからの引用です。

IMG_2904
今でも一部分だけは水が流れています。

IMG_3046
この水は西川に流れていきます。

IMG_4890
堰なのに水がないのは残念ですが、そのかわりこうやって近づくことができます(^^)

IMG_3052
風格ありますねぇ(^^)

IMG_3050
古いメカは単純で分かりやすくていいですよね。

IMG_3150
途中に門扉を上げてある場所が2箇所あって、上下流を行き来できます。

IMG_3149
今だったら、戸当り金物は鉄やステンレスでつくりますが、ここでは石です。

IMG_3143
コンクリートの表面が洗い出されて、すごい質感! 天神川水門もいつかはこうなるかな(^^)

IMG_3153
下流側です。

IMG_3061
堰の上部には、ゲートごとにモーターと配電盤があって....

IMG_3063
かっこいいですね

IMG_2906
管理橋の親柱の文字も味があります。

IMG_2905
旧洗堰の歴史については、国土交通省のホームページも参考になります。

IMG_4855
旧洗堰の近くには、巨大な石碑「信濃川治水紀功碑」があります。高さ7mもあるそうです。

次回に続きます。

位置

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く
Category:新潟県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
ARCHIVES