景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 長浜の焼杉が綺麗 | HOME | きぼうの丘(津波避難マウンド) >>
湊命山
IMG_2693
静岡県袋井市にある津波避難施設、湊命山です。2013年12月の竣工で、地上からの高さは7.2m(海抜10m)、1300人が避難できるそうです。
 
IMG_2687
ほぼ、敷地一杯に建設されています。

IMG_2694
誰でも何時でも利用可能。法面勾配は1:2程度に見えました。しかしこのスロープ、真っ直ぐですねぇ(^^;)

IMG_2695
あまり美しさについて考えられたわけではなさそうな施設なんですが、階段は木材が使われていました。命に関わる部分なので、耐久性が不安になります。

IMG_2705
おまけに踏面は転圧されていない砂利。登る時に足が沈むんですが、あまり急いで登る必要がないのかな?

静岡の袋井市 湊命山 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
360°画像です。グリグリできます。
法面勾配がきついので仕方がないのかもしれませんが、スロープの周囲にはずーっと柵があり、法面の小段には排水溝があります。

IMG_2700
敷地の隅っこにはすべり台が設置されていたのですが、草滑りの方が楽しそう(^^;)

静岡県袋井市の湊命山 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
頂上は1300m2。広い!

IMG_2698
あちら側が太平洋。海岸からの距離は1.3km。下記に引用した文献によると、ここでの津波による予想浸水深は1m程度しかないらしいのですが、2階建ての家が流されてくることを考えて、この高さになったそうです。高いおかげて眺望は良いです。

IMG_2699
一部分に植栽の追加工事が行われていました。緑陰を提供できるような植栽の方が嬉しいように思いました。

静岡県袋井市の湊命山 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA
鉄やコンクリートでできた避難タワーに比べて、命山は構造物の寿命は長いし、メリットが多いのですが、広い土地が必要になります。しかし、静岡は平野が広い!どこまでも平らです(^^) 私が住んでいる高知ではなかなか命山は作りにくいと思います(^^;)

IMG_2704
よく分からなかったのがこれ。わざわざコンクリートの擁壁を作ってまで、敷地を平らにする必要はないと思うのです。敷地を斜めにして周囲の土地にすり付いている方が逃げやすいんじゃないかな?

IMG_2688
それでもよくある武骨なRCや鋼製の避難タワーよりはずっと好感が持てます。


リンク:
静岡県袋井市における津波避難施設としての湊命山に関する研究
袋井の命山パンフレット


位置:景観デザイン事例地図

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く


Category:静岡県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES