景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< コペンハーゲンは自転車の街 | HOME | コペンハーゲン中央駅 >>
タウシュベツ川橋梁
タウシュベツ川橋梁
 北海道の糠平湖に流れ込む支流、タウシュベツ川に架かる、今は廃線となった鉄道(旧国鉄士幌線(1987年廃線))のコンクリートアーチ橋の残骸です。発電用ダム湖である糠平湖の水位の変化によって水没することもあるため、幻の橋と呼ばれています。廃線跡には他にも多くのアーチ橋が残っており、第五音更川橋梁は国道からよく見えます。

 
タウシュベツ川橋梁
タウシュベツ川橋梁は、公共交通ではたどりつけないので、自動車が必要です。砂利敷きの林道を進むと、駐車場があります。ここからは歩いていきます。

タウシュベツ川橋梁
小さな入口の看板があります。目立たない!

タウシュベツ川橋梁
この道はかつての鉄道敷きです。湖に向かって、わずかに下り坂です。舗装されていないので、雨の後に行くときには長靴の方がよいでしょう。

タウシュベツ川橋梁
林を抜けると糠平湖が広がります。

タウシュベツ川橋梁
正面に小さく見えるのが、タウシュベツ川橋梁です。

タウシュベツ川橋梁

タウシュベツ川橋梁
横から見るとこうなっています。結構、多くの人が訪れていました。

タウシュベツ川橋梁
すでに朽ち果てているので、立ち入り禁止です。

タウシュベツ川橋梁
コンクリートの表面はボロボロで、鉄筋がむき出しになっています。

タウシュベツ川橋梁
橋の途中が壊れてしまっています。そのうちに、だんだん壊れていって、橋全体が無くなってしまうかもしれません。北海道遺産に指定されているのですが、どうやって保存するのでしょうか?

竣工:1937年
形式:11径間連続コンクリートアーチ橋
橋長:130m
位置:

より大きな地図で 景観デザイン事例集地図(北海道) を表示


リンク:
北海道遺産
ウィキペディア
NPOひがし大雪アーチ橋友の会
Category:北海道
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
LINKS
ARCHIVES