景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< エコサイクルの上屋がほぼ完成 | HOME | シュロップシャーブルーチーズのニョッキ >>
羽渕鋳鉄橋
R0010303
羽渕鋳鉄橋は、神子畑鋳鉄橋と同じく、明延鉱山の鉱石運搬道として建設された橋です。神子畑鋳鉄橋は1スパンですが、こちらは2スパンの橋です。橋長は約18m。神子畑鋳鉄橋と同時期に建設されていますが、こちらのほうが竣工があとらしくて、神子畑鋳鉄橋は日本で現存する3番目に古い鉄橋、羽渕鋳鉄橋は4番目らしいです。
ただし、竣工年は明治16年〜18年という資料と、明治20年という資料があり、朝来市役所のサイトでは明治20年になっています。また橋の名称も羽渕と羽淵の両方の表記が見られますが渕のほうが多いようです。
 
R0010254
この橋は、もとは別の場所に架かっていたのですが、近くに復元されました。国道沿いにあって、立派な看板と駐車場があります。平成2年の洪水のために川幅が拡幅されることになり、橋は移設されたんだそうです。残念。

R0010323
移設前の写真が看板に載っていました。高欄が嵩上げされていたんですね(^^;) 

R0010309
移設先は、国道とそれに平行して流れる丸山川の間です(この川を日本海側へ下っていくと城崎温泉です)。川沿いに水の入る湾のような凹みをつくって、それを越えるような感じで架かっています。水際に降りることができるように階段もありました。

R0010277
橋脚も鋳鉄です。

R0010292
橋脚の断面は、レンズ型ですねぇ。かっこいい。

R0010293
橋脚は途中でフランジで繋いであります。

R0010269
橋台の石積みも、きちんと復元されているのだそうです。

R0010272
桁裏は、神子畑鋳鉄橋に似ています。

R0010299
アーチリブは2つの部材が中央で接続されています。スパンドレルは縦格子型。このあたりも神子畑鋳鉄橋と似ていますね。

R0010256
橋床板は木製です。

R0010257
渡れないように柵があるんですが、この柵、もうちょっと手前に作るとかできなかったのかなぁ(^^;)

R0010260
親柱は神子畑と同じに見えましたが....

R0010266
高欄のデザインは異なります。

R0010314
ここにも立派な看板があります。

R0010312

R0010252
5つあった橋のうち2つしか残っていないのが残念ですね。


位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示

写真集
スクリーンショット(2011-03-31 16.56.05)

Category:兵庫県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
ARCHIVES