景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 案山子の里 | HOME | 武家屋敷 旧喜多家住宅 >>
小采家住宅
R0011112
小采家(こうねけ)住宅は、天保年間(1830〜44)に建てられたという、比較的小さな住宅です。
 
R0011109
1983年に、ここ(いやしの温泉郷のとなり)に移築されたんですね。

R0011114
建物の入り口は、平側でそのすぐ横に「前便所」があります(便所はここだけです)。

R0011124
見晴らしの良い便所で(^^;)....

R0011126
手前が小便、奥が大便なんですが....

R0011121
ここに狙って落とすのは、慣れが必要でしょうね(^^;)

R0011117
外壁は、落合集落にあった長岡家住宅と同じように「ヒシャギ竹」。ただし、長岡家住宅は柱が外部に露出していましたが、この建物では柱もヒシャギ竹で覆われています。

R0011115
古い部分と新しい部分で色が違います。

R0011115
入り口を入ると、手前は土間(ニワ)で、奥は台所(カッテバ)。床は竹ですね。

R0011138
なんだか、古そうな竃ですね。

R0011144
壁は土壁です。ヒシャギ竹を固定するための紐と楔が見えますね。

R0011146


R0011153
こちらは、オモテとよばれている居間ですね。

R0011128
天井はないので....

R0011132
屋根裏がよく見えます。

R5011677
縁側は、巨大な丸太が使われています。

R0011162
屋根は茅葺きで、便所の部分は杉皮葺きみたいです。屋根のてっぺんにあるのが「とうら」と呼ばれる棟飾りですね。

位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示
Category:徳島県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES