景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 武家屋敷 旧喜多家住宅 | HOME | 長崎皿うどん >>
木村家住宅
R0011200
木村家住宅は、祖谷地方で最も古い民家だそうです。1699年(元禄11年)に建てられました。国指定の重要文化財ですが、住宅としても現役です。
 
R0011215
住宅兼喫茶店として使われています。

R0011202
お茶を飲みたい時は、この太鼓を「思いっきり」叩きます(^^;) すると、木村家第19代当主の奥様が顔を出してくださいます(^^) この地方の民家に共通の特徴として、表側に便所が突き出していますが、現在は使っていないそうです。

R0011203
奥には薪が積んでありました。1年中かまどで薪をくべて茅葺き屋根を燻しているんだそうです。

R0011208
喫茶店として使われている部屋には、例によって天井が無くて、屋根裏が見えます。2007年に屋根を葺き替えたばかりだそうです。これでは寒いので住宅として使っている部屋は天井があるそうです(^^)

R5011725
当然、囲炉裏があり、自在鉤もあります。障子紙が黄ばんでいるのは、屋根を燻すために24時間別の部屋のかまどで薪をくべている煙のせいだそうです。茅葺き屋根は燻す必要があるんです。
そういえば、建物の中はちょっと煙たい匂いがするんですが嫌な匂いではありませんでした。

R0011212
建物の詳細は、こちらの看板をご覧ください。

R5011735
この辺りには、茅葺き屋根の建物が多く残っているそうですが、多くはトタン板で覆われています。スゴイ立派な欅の木のある屋敷もありました。

位置:
木村家住宅の位置は、下の地図の青いマークのところ。黄色いピンの場所にある橋を渡っていくと、早いです。この橋は、GoogleMapの航空写真には写っているけど地図には表示されないので、航空写真表示にしてあります。
高速道路の大豊ICからは、地図の上側から来ることになり、上の方の分岐点に「木村家住宅」の看板がありますが、そっちから行くよりも、黄色いピンのほうから行く方が早いです。ただし、この道は工事中で、平日は通れない(時間制限)場合もあります(^^;)
より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示

リンク:
文化遺産オンライン(文化庁のサイト)写真もあります。
三好市の観光サイト
Category:徳島県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES