景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< タマスダレ | HOME | シドニーオペラハウスとハーバーブリッジ >>
シドニーの海上交通ネットワーク
20060318_090c-096
シドニーは、世界三大美港の1つ(残りの2つは諸説あるけど、シドニーを外す説はないみたい)。シドニーは、内陸に深く切れ込んだ湾の中程にあり、海上交通が発達しています。陸上交通と海上交通の結節点となるのが、Circular Quay(サーキュラー・キー)。ここは駅であり、港でもあるところ。
 

より大きな地図で 景観デザイン事例地図(オセアニア) を表示
航空写真の下側、5つの桟橋があるところが、Circular Quayで、すぐ南側に高架道路が走り、高架道路の真下には鉄道が走っています。
右側の白い建物が、オペラハウス、上側の橋の陰が見えるのが、ハーバーブリッジ。

20060318_129-131
Circular Quay駅は、空港からの鉄道が直通でつながっています。駅のホームから港が見えるのです。

20060318_074-079
駅からは港がすぐ下に見えます。


  オリジナルはこちら(インタラクティブな地図です)
シドニーはフェリーが発達しており、Circular Quayは、そのハブになっています。


  オリジナルはこちら(この地図には現在はどこからもリンクが張られていないみたい)
また、Harbour Walks という散策ルートが、湾岸に数多く設定されていて、上の図のような立派なパンフレットが用意されています。フェリーで行って、歩いて、フェリーで戻るのです。


今回は、"The Shores of Mosman Bay"というコースを歩いてみました。上記のPDFの3ページのコースです。

20060316_046
Circular Quayから、フェリーに乗って出発。SydneyPassがあれば乗り放題!。

20060316_025
湾を横断します。

20060316_032
Mosman Bay Wharfに到着。静かな入り江ですね。周辺には豪邸が並んでいます。

20060316_035
立派なヨットも係留されていました。

20060316_030
港には、バス停があります。これはバス乗り場のシェルターです。

20060316_029
park and ride 用?の駐車場もありました(船だからPark & Boardというのか?)

20060316_031
湾の奥には、公園があります。芝生が綺麗です。

20060316_026
散策ルートは住宅地を抜けていきます。建物の間から海が垣間見えます。

20060316_039
湾岸の崖の上を遊歩道が続いています。左側が海です。

20060316_041
豪邸だよなぁ。

20060316_038
お金持ちなんでしょうね(^^;)。


Circular Quay からは、Harboursights cruises という、観光遊覧船も出ていたのですが、現在は中断されているようです


  オリジナルはこちら
一方、陸上交通の方は、Sydney Explorer という赤い観光周遊バスが市街地を巡り....


  オリジナルはこちら
Bondi Explorer という青いバスが、郊外を巡ります。

20060317_046
2日目は良い天気。

20060317_050
オペラハウス

20060317_053
手前の緑地は、王立植物園。きれいですね。

20060317_056
湾岸には高級マンションがいっぱい。

20060317_060
このような、湾岸の急な斜面に家を建てるのが、好きですね。

20060317_065
日本で同じことをしたら、災害が発生しそうな気がします。

20060317_076
海岸沿いの散歩道も、とても気持ちがよいです。

20060317_077
はぁ!

20060317_083
週末の仕事の時間が終わると、一斉にヨットが集まってきます。スゴイ数です。

20060317_085
うらやましい。日本人は働き過ぎというか、オーストラリアの人は楽しみ方を知っているという感じがしますね。


リンク:
Sydney Ferries

Category:オーストラリア
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
ARCHIVES