景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< ゴーヤ三昧の季節がやってきた | HOME | 柿の葉寿司 >>
猿沢池
R5013552
猿沢池は、奈良の興福寺の南西にある池で、興福寺の五重の塔を眺める視点場として有名なところです。
 
R5013462
猿沢池は、周囲が360mの、あまり大きくない池です。興福寺が行う「放生会(ほうじょうえ:万物の生命をいつくしみ、捕らえられた生き物を野に放つ宗教儀式)」のための池として、749年(天平21年)に造られた人工の池だそうです。

R5013393
池には、亀が沢山います。猿沢池には7不思議というのがあって、その1つが「亀はいるのに蛙はいない」というのだそうです(^^)

R5013389
また、水が流入する川はないのに水が枯れない、水が流出する川もないのに水が溢れない、という不思議も、土木的に興味がわきますね。

R5013407
亀の甲羅干しのために用意されたとしか思えない場所もあり....

R5013404
鳩と亀が同居しています(^^)

R5013465
池の南西の隅には、ベンチが用意してあったりするんですが....

R5013466
そこからは、五重塔は樹木に隠れてしまいます(^^;)

R5013415
この、狭い場所から撮影された写真が、旅行雑誌などに載るんです(^^)

位置:

より大きな地図で 景観デザイン事例集地図 を表示
Category:奈良県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES