景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< プルトニー橋と堰 | HOME | MacユーザがJW-CADで.sfcファイルを開くときに陥りがちな罠 >>
バースの古代ローマ公衆浴場
20060703_125
この、なんだか気持ち悪い色のプールは、バースにある古代ローマの風呂です。
 
20060703_123
プールの角から、生温いお湯が流れ込んでいます。昔は石鹸が無かったので、体にオイルを塗って、肌かき器なるもので、オイルと一緒に垢を落としていたそうで、その様子が彫刻として残っていたりします。

20060703_118
風呂の周りには柱で支えられた通路があるんですが....

20060703_120
この通路は、昔は無かったものらいです。

20060703_127
柱の途中で色が変わっていますが、そこから上部は、あとから追加(改修?)されたもののようでした。どうもあんまり気持ち良さそうじゃないんですが(^^;)

20060703_112
街から見るとこんなかんじです。右側が公衆浴場。


位置:
より大きな地図で 景観デザイン事例地図(ヨーロッパ編) を表示


Category:イギリス
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES