景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 勝山の船着き場 | HOME | Macbook Air のトラックパッドをついに交換 >>
勝山・町並み保存地区
_R004134 - バージョン 2
岡山県真庭市の勝山は、勝山藩の城下町で、古い町並みが残っている、とても綺麗なところです。
 
景観デザイン事例地図を大きなサイズで見る
勝山は、姫路と松江を結ぶ出雲街道の宿場町です。また、ここから鳥取県の倉吉に抜ける美作(みまさか)街道の起点でもあります。勝山から西へ新庄川沿いに行くのが、出雲街道で、現在の国道181号にあたります。旭川沿いに北上するのが美作街道で国道313号線がそれになります。
勝山は交通の要衝だったんですね。

_R004158
出雲街道と美作街道が別れる交差点に、道標が立っています。

_R004214
また、前回の記事のように、高瀬舟の起終点でもあり物流の拠点でもありました。

_R004139
街道沿いの建物は、切妻屋根で平入、白い漆喰の壁、木製の格子、なまこ壁、などの特徴があります。電線も地中化されています。

_R004121
町の中央に、ものすごく立派な建物がありました。法律事務所として利用されていました。

_R004147
立派な造り酒屋さんもあります。江戸時代の建物で、登録文化財です。

_R004154
蔵の扉の鏝絵がスゴイ!

_R004141
ところで、写真のあちこちに暖簾が映っていますが、勝山は「のれんの町並み」で有名です。

_R004118
写真の左の建物が工房になっています。のれんの一覧がホームページで公開されていて、とても楽しいです。
勝山は、こののれんや雛人形のまちづくりを頑張っているところで、のれん越しに笑顔がのぞく勝山という本も出ています。
また、勝山の町並みは、1985年(昭和60年)に岡山県の「町並み保存地区」に指定、2002年には、遊歩百選に選定、2009年度には、国土交通省の美しいまちなみ大賞(平成21年度)を受賞しています。

_R004095
のれんは、一過性のイベントでは無くて、増え続け、更新され続けているそうです。すごい!

リンク:「コロカル」で紹介された勝山の記事
    勝山のまちづくりについての研究論文「文化的資源と創作活動によるまちづくりの高度化に関する研究」 田代洋久
    勝山の観光ガイド Noren Art of Katsuyama
    「のれん越しに笑顔がのぞく勝山」の内容の一部はGoogleBooksでも閲覧できます。


Category:岡山県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
LINKS
ARCHIVES