景観デザインを目指せ

重山陽一郎の個人ブログ blog.enviro-studio.net
<< 八戸キャニオン | HOME | ウミネコの繁殖地 蕪島 >>
天間川橋梁
P1000968
天間川橋梁は、青い森鉄道が七戸川を渡る3径間連続コンクリートアーチ橋です。土木学会田中賞土木学会デザイン賞を受賞しています。設計はジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社
 
P1000923
構造的にも色々と工夫されている橋で、詳細は三井住友建設のホームページや、東北コンクリート技術研究会のホームページなどに掲載されてます。その他にも多数の参考文献があります。

P1000926
広々とした田園風景の中にあるので、近寄って眺めるようなものではないのですが....

P1000955 - バージョン 2
3連のアーチリブは橋脚、橋台に剛結。桁はアーチから吊ってあるだけでアーチの水平反力はかからないように切り離されており、それによって桁高が小さくできたそうです。また桁は3径間連続で地震による水平荷重は地盤が強固な片方の橋台だけで受け持っているそうです。

P1000952
橋長は140mもあって、3径間連続桁の伸縮が結構大きいため、吊り材の根元に曲げがかかり、その対応も考えられたと....

P1000950
資料には見当たらなかったんですが、景観的な観点としては、水垢による汚れにも配慮されたのではないかと思います。写真の向こう側のアーチリブは黒ずんでいて手前は白いのは、アーチリブ天端の水勾配を内側に傾けて、雨水が内側に流れるように配慮したのではないかと思いました。

P1000965
径間長は、56, 66, 56m。


位置:

大きな地図で見る
スマホのGoogleMapアプリで開く
Category:青森県
SEARCH
FEED
FEATURE ARTICLE
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
LINKS
ARCHIVES